任せることも大事|ウェブ接客ツールが営業の支えになる|顧客が喜ぶシステム作り

ウェブ接客ツールが営業の支えになる|顧客が喜ぶシステム作り

男の人

任せることも大事

男女

外部委託の利用方法

多くの企業は、営業支援策として専門性の高い分野を外部に委託する会社が多くなってきています。企業間でも競争が激しく常に経営資源の効率化に取り組んでいます。最近、営業支援策として企業が多く利用しているのが、コールセンターや電話代行業務であります。社内に勤務している社員に任せればいいのではと思っている人もいますが、社員には本来すべき仕事があるため、専属で業務を行なうことができないのです。特にアウトバウンドと言われる発信業務を中心に行なうのであれば、専属の人を雇わないといけなくなります。専属の人を雇うとなると、研修や教育からのスタートとなるので時間がかかってしまいます。それだけ時間とコストが掛かるので、研修の必要もなく即戦力のある外部へ委託しているのです。電話代行やアウトバウンド分野を導入すると、新規顧客の開拓や法人へアプローチすることもできます。また、営業のみならず顧客満足度を調べるため顧客へ直接電話をして満足度の調査やアンケートをとることもできます。他にも、セミナーやイベントなどの集客のために利用することもできます。

費用対効果がある

専門分野を代行業者に委託することで、会社が求めている結果をだすことができるのです。具体的に例えると、企業が営業の一環として顧客にダイレクトメールを送付することがあります。このダイレクトメールを送付するだけでは、顧客がきちんと読んでいるか知ることができないのと、読み流して終わってしまうこともあります。そこで、後追いで顧客に電話をして、再度ダイレクトメールのアプローチをすることもできます。他にも、新規顧客開拓として、会社の商品を売り込むため営業マンに訪問営業をさせているのでは、非常に時間がかかり一日に訪問できる件数にも限りがあります。アウトバウンドを利用して商品の説明を専属にしてくれる部署があれば、瞬時に分からないことも全て対応でき成約率が高くなります。このように費用対効果も期待できるので外部にお願いするメリットがあります。

依頼することで業務の効率化を図る

電話代行サービスを委託することによって費用面だけではなく、業務の円滑化を図ることが出来るのでとても便利です。例えば自社で行なう電話代行を委託した場合、手が空くのでその間は研修などスタッフの育成をしっかりと行なうことが出来ます。そのため、素晴らしい人材を確保することが出来て企業の拡大化を図ることも出来るでしょう。しかし、電話代行サービスを委託する際は安心して任せることが出来る場所を選ばなくてはなりません。マニュアル通り行なってくれる場所もありますが、場合によっては適当な対応を行なってしまうところもあるのです。そのため、余計にクレームへと繋がる危険性もあるので任せる場所はしっかりと見極めて委託する必要があるといえるでしょう。